News & Press

Green Hills Software Expands Safety-Critical Integrated Cockpit Solutions with Automotive Grade Linux

Green Hills Software、セーフティークリティカルな統合コックピットに向けてAutomotive Grade Linux対応ソリューションを拡充

INTEGRITY Trusted Separation Architecture Safely Hosts Rich Cockpit Application Environment from The Linux Foundation Alongside Life-Critical Automotive Applications


TOKYO, JAPAN — June 20, 2018 — AUTOMOTIVE LINUX SUMMIT —Green Hills Software, the global leader in high-assurance real-time operating systems, today announced the availability of INTEGRITY® Multivisor™ secure virtualization and advanced development tools for Automotive Grade Linux (AGL) on leading 64-bit automotive grade SoCs. For the first time, AGL applications can be added to automotive systems meeting the highest ISO 26262 safety levels through the INTEGRITY real-time operating system (RTOS). As a result, OEMs can confidently run AGL-based infotainment and connected car applications in secure partitions alongside safety-critical and security-critical functions including instrument clusters, rear-view camera, ADAS, OTA, gateway and V2X. The results are lower system costs, more scalable platforms, shorter development times and lower ASIL certification costs.

The Automotive Grade Linux project is a collaborative cross-industry effort developing an open software stack for the software defined automotive cockpit and hosted by The Linux Foundation.

"We are pleased to have Green Hills Software participating in our growing and global community," said Dan Cauchy, Executive Director of Automotive Grade Linux. "Their experience and technology help customers build and deploy safe and secure AGL-based vehicle software and we look forward to their contributions to expand and further establish AGL as an industry standard."

As a Member for AGL, Green Hills is demonstrating a consolidated integrated cockpit that incorporates AGL at the Automotive Linux Summit, June 20-22 in Tokyo. The INTEGRITY RTOS and Multivisor hypervisor safely and securely run a safety-critical instrument cluster alongside AGL-based infotainment applications. Both domains safely share high-performance and smooth 3D OpenGL graphics provided by the cross-platform Qt Automotive Suite graphics framework.

Over its 25 years in the automotive industry, the Green Hills ecosystem for the integrated cockpit has grown to dozens of partners providing safe and secure integrated solutions running on all major automotive-grade SoC manufacturers including Qualcomm Technologies, Renesas, NXP, Intel, STMicroelectronics and NVIDIA.

"Integrated cockpits today need a scalable software architecture to safely and securely combine Linux and Android infotainment functions with critical vehicle functions that require automotive-grade safety and certification. When used with the Qualcomm® Snapdragon™ 820A Automotive platform, the Green Hills breakthrough INTEGRITY RTOS and Multivisor virtualization solution allows global Tier 1s and OEMs to take on this challenge," said Nakul Duggal, vice president for product management, Qualcomm Technologies, Inc. "We look forward to further strengthening our relationship with Green Hills, as we share the commitment to offer the safety-conscious and security-rich, performance solutions that can define the future of high-performance, scalable vehicle cockpits."

"Renesas' R-Car is one of the standard reference platforms for AGL and has supported the system development of customers," said Masayasu Yoshida, Senior Director of Automotive Information Solution Business Division, at Renesas Electronics Corporation. "With INTEGRITY Multivisor now compatible with AGL, we are very pleased that INTEGRITY RTOS and AGL can be implemented safely and securely on the R-Car platform. We are confident that our achievement will contribute to further acceleration in the development of cockpit systems."

Green Hills Software's INTEGRITY Multivisor is the system virtualization service for the certified INTEGRITY RTOS microkernel. The INTEGRITY RTOS architecture is certified at the highest levels of automotive safety — ISO 26262 ASIL D — and is the only operating system architecture to ever achieve the world's highest level of security EAL 6+, Separation Kernel Protection Profile, Common Criteria. Since 2003, INTEGRITY Multivisor has been the industry's only safe and secure architecture with this trusted pedigree for simultaneously running one or more guest operating systems alongside life-critical functions on a single multicore SoC. Other features tailored to rigorous embedded systems are:

  • Safe and secure device sharing, such as GPU, between AGL and critical applications
  • Fast boot critical tasks in tens of milliseconds
  • Single unified debugger gives developers deep visibility into Linux and INTEGRITY kernels, drivers and applications
  • Secure IPC between native RTOS tasks and Linux
  • Proven customer deployments since 2003

Availability
INTEGRITY and INTEGRITY Multivisor for Automotive Grade Linux are available to early access customers today on the Qualcomm Technologies' Snapdragon 820A Automotive platform and Renesas R-Car H3 SoC.

About Automotive Grade Linux

Automotive Grade Linux is a collaborative open source project that aims to accelerate the development and adoption of a fully open software stack for the connected car. Leveraging the power and strength of Linux at its core, AGL is uniting automakers and technology companies to develop an open platform that offers OEMs complete control of the user experience so the industry can rapidly innovate where it counts. The AGL platform is available to all, and anyone can participate in its development. Learn more: https://www.automotivelinux.org/

About Green Hills Software

Founded in 1982, Green Hills Software is the largest independent vendor of embedded development solutions. In 2008, the Green Hills INTEGRITY-178 RTOS was the first and only operating system to be certified by NIAP (National Information Assurance Partnership comprised of NSA & NIST) to EAL 6+, High Robustness, the highest level of security ever achieved for any software product. Our open architecture integrated development solutions address deeply embedded, absolute security and high-reliability applications for the military/avionics, medical, industrial, automotive, networking, consumer and other markets that demand industry-certified solutions. Green Hills Software is headquartered in Santa Barbara, CA, with European headquarters in the United Kingdom. Visit Green Hills Software at www.ghs.com.

Green Hills, the Green Hills logo, INTEGRITY and Multivisor are trademarks or registered trademarks of Green Hills Software, in the U.S. and/or internationally. All other trademarks are the property of their respective owners.

Qualcomm and Snapdragon are trademarks of Qualcomm Incorporated, registered in the United States and other countries. Qualcomm Snapdragon is a product of Qualcomm Technologies, Inc. and/or its subsidiaries.

Green Hills Software、セーフティークリティカルな統合コックピットに向けてAutomotive Grade Linux対応ソリューションを拡充

*INTEGRITYの信頼できる分離アーキテクチャーが、ライフクリティカル(安全最優先)な車載アプリケーションと並びLinux Foundationの豊富なコックピット・アプリケーション環境を安全にホストする

AUTOMOTIVE LINUX SUMMIT - 信頼性の高いリアルタイム・オペレーティングシステムの世界的リーダーであるGreen Hills Softwareは20日、INTEGRITY Multivisorセキュア・バーチャライゼーションと、主要な64ビット・オートモーティブグレードSoCに搭載するAutomotive Grade Linux(AGL)向けの高度な開発ツールの提供開始を発表した。初めて、INTEGRITYリアルタイム・オペレーティングシステム(RTOS)を通じて、最も高いISO 26262安全レベルを満たす車載システムにAGLアプリケーションを追加することができる。その結果、OEMは、諸計器、リアビューカメラ、ADAS、OTA、ゲートウェー、V2Xなど、セーフティークリティカル(安全最優先)でセキュリティークリティカル(安心最優先)な機能と並行して、安全なパーティションの中でAGLベースのインフォテインメントやコネクテッドカー・アプリケーションを、自信を持って動かすことができる。その結果もたらされるのが、システムコストの低減、より拡張性の高いプラットフォーム、開発期間の短縮、ASIL(Automotive Safety Integrity Level)認証コストの低減である。

Automotive Grade Linuxプロジェクトは、Linux Foundationが主催し、自動車のコックピット用ソフトウエアのためのオープンソフトウエア・スタックを開発する、産業の垣根を超えた共同作業である。

Automotive Grade Linuxのエグゼクティブディレクター、ダン・コーシー氏は「われわれは、成長を続けるグローバルコミュニティーにGreen Hills Softwareが参加してくれて喜んでいる。彼らの経験と技術は、顧客が安全で確実なAGLベースの車載ソフトウエアを作り、展開する助けとなる。われわれは、AGLが業界標準としての立場を拡大し、より確固たるものにするために彼らが貢献してくれるのを楽しみにしている」と語った。

AGLのメンバーとして、Green Hillsは6月20-22日に東京で開催されるAutomotive Linux Summitで、AGLを組み込んだ統合・一体型コックピットをデモンストレーションしている。INTEGRITY RTOSおよびMultivisorハイパーバイザーが、AGLベースのインフォテインメント・アプリケーションと並行して、セーフティークリティカルな諸計器を安全かつ確実に作動させる。両ドメインは、クロスプラットフォームのQt Automotive Suiteグラフィックスフレームワークが提供する高性能で滑らかな3D OpenGLグラフィックスを安全に共有している。

自動車業界での25年間で、Green Hillsの統合型コックピット向けエコシステムは、数十社のパートナーを持ち、Qualcomm Technologies、ルネサス、NXP、インテル、STMicroelectronics、NVIDIAを含む主要Automotive Grade SoCメーカーすべてで動作する、安全で確実な統合ソリューションを提供するまでに成長した。

クアルコム・テクノロジーズのネイカル・ダッガル製品管理担当副社長は、次のように語った。 「統合型コックピットには、LinuxとAndroidのインフォテインメント機能と、オートモーティブグレードの安全性と認定を必要とする重要な車両機能を安全かつ確実に一体化する、拡張性の高いソフトウエア・アーキテクチャーが必要とされる。Qualcomm(R)Snapdragon(TM)820A Automotiveプラットフォームで使用される場合、Green Hillsの画期的なINTEGRITY RTOSとMultivisorバーチャライゼーション・ソリューションは、グローバルなTier 1やOEMがこの課題に取り組むのを可能にする」「Green Hillsとの一層の関係強化を楽しみにしている。われわれは、高性能で拡張性の高い車両コックピットの未来を定義付ける、安全意識が高く、セキュリティー機能の充実したパフォーマンス・ソリューションを提供するというコミットメントを共有しているからだ」

ルネサスエレクトロニクス株式会社の吉田正康・車載情報ソリューション事業部シニアディレクターは「ルネサスのR-Carは、AGLの標準リファレンス・プラットフォームの1つであり、お客様のシステム開発をサポートしてきた。INTEGRITY Multivisorが今回、AGLに対応したことにより、R-CarにINTEGRITY RTOSとAGLを安全かつ確実に実装できることを大変嬉しく思い、さらにコクピットシステム開発が加速すると確信している」と語った。

Green Hills SoftwareのINTEGRITY Multivisorは、認証済INTEGRITY RTOSマイクロカーネル向けのシステム・バーチャライゼーション・サービスである。INTEGRITY RTOSアーキテクチャーは、最高レベルの自動車安全性認証であるISO 2626262 ASIL Dと世界最高のセキュリティーレベルのEAL 6+、Separation Kernel Protection Profile、Common Criteriaの基準を達成した唯一のオペレーティングシステム・アーキテクチャーである。INTEGRITY Multivisorは2003年以来、1つのマルチコアSoC上で、1つ以上のゲストOSと並行してライフクリティカル機能を同時に実行できるという、信頼すべき実績を持つ業界唯一の安全、確実なアーキテクチャーであった。システムに綿密に組み込まれたその他の機能は次の通り。

  • AGLとGPUといった重要アプリケーションの間の安全、確実なデバイス共有
  • 数十ミリ秒で重要なタスクを高速起動
  • 単一の統一されたデバッガーが、開発者にLinuxおよびINTEGRITYカーネル、ドライバー、アプリケーションへの深い認知度を与える
  • ネイティブRTOSタスクとLinuxの間のIPCの保護
  • 2003年以降の実績ある顧客展開

入手可能性
Automotive Grade Linux向けのINTEGRITYとINTEGRITY Multivisorは、Qualcomm TechnologiesのSnapdragon 820A オートモーティブ・プラットフォームと、ルネサスのSoCであるR-Car H3に対応しており、早期アクセス顧客には入手可能となる。

Automotive Grade Linuxについて
Automotive Grade Linuxは、コネクテッドカー向けの完全にオープンなソフトウエア・スタックの開発・採用を加速することを目的とした共同オープンソースプロジェクトである。AGLは、Linuxのパワーと強みを核として、自動車メーカーやテクノロジー企業を結集して、OEMがユーザー体験を完全に制御できるようにするオープンプラットフォームを開発させ、業界の急速な革新を可能にしている。AGLプラットフォームはすべての人が利用でき、誰でも開発に参加できる。詳細は https://www.automotivelinux.org/ を参照。

Green Hills Softwareについて
1982年創業のGreen Hills Softwareは、安全・セキュリティー組み込みの世界的リーダーである。2008年当時、Green Hills INTEGRITY(R)-178 RTOSは、米国家安全保障局(NSA)と米標準技術局(NIST)から成る「国家情報保証パートナーシップ」(National Information Assurance Partnership、NIAP)(http://www.ghs.com/security/security_home.html )によって、それまでどのソフトウエア製品も達成していなかった最高のセキュリティーレベル「High Robustness(高い堅ろう性)」を示すEAL 6+と認証された最初で唯一のオペレーティングシステムだった。当社のオープンアーキテクチャー統合開発ソリューションは、業界認定のソリューションを必要とする自動車、軍事・航空電子機器、医療、産業、ネットワーキング、民生、その他の市場向けの、深く組み込まれた絶対的セキュリティーと、信頼性の高いアプリケーションに対応している。Green Hills Softwareは、カリフォルニア州サンタバーバラに本社を置き、英国に欧州本社がある。Green Hills Softwareのウェブサイト www.ghs.com を参照。

Green HillsとGreen Hillsのロゴ、INTEGRITYおよびMultivisorは、米国内外においてGreen Hills Softwareの商標または登録商標である。その他すべての商標は、それぞれの所有者に帰属する。

QualcommおよびSnapdragonは、米国、その他の国で登録されたQualcomm Incorporatedの商標である。Qualcomm Snapdragonは、Qualcomm Technologies、Inc.またはその子会社、あるいはその両社の製品である。

North American Sales Contact:
Green Hills Software
30 West Sola Street,
Santa Barbara, CA 93101
Tel: 805-965-6044
Fax: 805-965-6343
Website: www.ghs.com
Email: info@ghs.com

International Sales Contact:
Green Hills Software Ltd
Fleming Business Centre
Leigh Road
Eastleigh SO50 9PD
UNITED KINGDOM
Tel: +44 (0)2380 649660
Fax: +44 (0)2380 649661
Email: mktg-europe@ghs.com

Media Contact:
Green Hills Software
Barbel French
Tel: 805-965-6044
Email: bfrench@ghs.com